ドキドキ!友達の彼氏のバイト先へ食事に行きました。

今日は夕方に、高校からずっと仲良しの親友の彼氏のバイト先へ行きご飯を食べに行きました。
友達の彼氏はラーメン屋さんでした。
友達の彼氏は、私たちが来ることを知っていたのでラーメン屋さんに入るときに本当に私たちもドキドキしました。いつも私の彼氏を写真でしか見たことがなかったのでほんとに緊張しました。
お店に入ると、友達の彼氏がやってきて私たちを席まで案内してくれました。よく見るととてもイケメンで写真よりも良い印象がありました。
ラーメンもいろんな種類があって豊富だったので選ぶことが難しかったのですが友達の彼氏がお勧めするラーメンを頼みました。
その後はいつも通り友達としゃべったりしていました。大和楽しんでいる時に友達の彼氏がラーメンを持ってきてくれました。もちろん友達からラーメンを配っていました。さすが彼氏だなと思いました。ラーメンの味もとってもおいしかったです。お会計しようとしたら友達の彼氏がもうお会計をしてくださっていたみたいで奢ってくださいました。とてもおいしいラーメンと素敵な友達の彼氏を見ることができて楽しかったです。牡蠣サプリ

ドキドキ!友達の彼氏のバイト先へ食事に行きました。

たくさんあるときには気づかない なくなってから気づく

そのものの価値は、たくさんあるときには気づかない。なくなってからどんなに必要なものだったかを痛感する。
それはみかんである。え?みかん?と思うかもしれない。でもまぎれもなくみかんです。
私はみかんが大好き。こたつに入りながら食べるみかんは本当に美味しいし、おいしいだけじゃなくて水分補給にもなる優秀な食べ物だと思っている。
でもそんなみかんも、年末年始に親戚のかたにもらったりしてみかんの箱ラッシュが訪れるのだ。
そのときのみかんの消費といったら。意外にも早くだめになってしまうみかんを美味しいうちに食べるために一日3個ペースで食べていた。
そりゃそんなに食べたら、食べたいから食べるではなくて義務的な消費になる。
義務的に食べ続けるものほどつらいものはない。そのみかんが先々週くらいに尽きた。
終わったときにはやっと終わったかあと思っていたが、なくなるとこんなにもさみしいとは。私は今日みかんを袋で買った。
美味しくいただいている。http://www.giaw.org/

たくさんあるときには気づかない なくなってから気づく